http://www.sportingclaysforhunters.com/kinenritu/">喫煙率 | 
喫煙率
Google

国別にみると、全人口および男性の喫煙率は、東アジアで高く北米やヨーロッパで低い。逆に、女性の喫煙率は東アジア諸国の方が低い傾向がある。WHOの資料によると、中国 35.6%、韓国 35.0%に対し、スウェーデン 19.0%、米国 23.6%であった。
日本での成人の喫煙率は1966年頃をピークに、2006年では全体で26.3%と減少傾向にある。特に60歳以上の男性の喫煙率は、ピーク時の約5分の2に低下している。しかし先進国と比較すると、日本の全人口の喫煙率はまだ高く、特に男性に関してはトップレベルである。一方、女性の喫煙率は欧米諸国の方が高い。
日本においては男性の喫煙率がかなり高いが、2004年以降、男性の喫煙率は低下し、逆に女性の喫煙率は緩やかに上昇する傾向が見られている。女性全体での喫煙率は、ここ30年来15%前後を保持しているが、近年20代女性の伸びが顕著である。
年齢層別にみると、30代の喫煙率が性別や時代に関わりなく高い傾向にある。
国内たばこ販売数量は、1996年度の3483億本をピークに少しずつ減少しており、2007年度には2700億本となっている。


Yahoo! JAPAN

日本における喫煙率低下の要因としては、煙害の啓蒙や、健康志向の普及、鉄道駅などの公共空間における禁煙区域の明確化と並んで、たばこ税の増税に伴う値上げの影響が挙げられる。
海外では一般的に、頻繁なたばこ税増税や、法律による禁煙区域の設定、たばこパッケージに貼付する健康警告表示など、喫煙率低下のために過激な施策も行われている(ウィキぺディアから参照しています)
電子タバコスーパーシガレットなら健康的に禁煙ができます♪